ロボットサービスの標準化を目指して

RSNPのSDKについて

ライブラリーはRSNP2.x-SDKとして配布します。SDKにはロボットアプリケーション用SDKとサービスアプリケーション用SDKがあります。

ロボットアプリケーション(RSNPクライアント)用SDK

ロボットアプリケーション用SDKを展開すると以下の物が含まれています。

ロボットアプリケーション用SDK

demosフォルダ ライブラリーを利用したサンプルアプリケーションのプロジェクト。
docsフォルダ ロボットアプリケーション用のAPIと実装のjavadocドキュメント。
libフォルダ ロボットアプリケーション用のAPIと実装のバイナリ(jarファイル)。
srcフォルダ ロボットアプリケーション用ライブラリー設定ファイル。

ロボットサービス(RSNPサーバ)用SDK

ロボットサービス用SDKを展開すると以下のフォルダ構成が含まれています。

ロボットサービス用SDK

demosフォルダ ライブラリーを利用したサンプルアプリケーションのプロジェクト。
docsフォルダ ロボットサービス用のAPIと実装のjavadocドキュメント。
srcフォルダ ロボットサービス用ライブラリー設定ファイル。
WebContent/WEB-INF/confフォルダ axis2設定の例。
WebContent/WEB-INF/libフォルダ ロボットサービス用のAPIと実装のバイナリ(jarファイル)。
WebContent/WEB-INF/servicesフォルダ ライブラリーの基盤となるWebロボットサービスの定義構成。

PAGETOP