ロボットサービスの標準化を目指して

ロボットアプリケーションの開発環境を整える(ロボット/PC側)

統合開発環境は、Eclipse以外でも利用可能ですが、本稿ではEclipseのWTP機能を使用することを前提としています。 必要なソフトウェアを各ダウンロードサイトより入手し、開発用PCにインストールしてください。ここではインストール先のベースフォルダとして、すべて”c:\java”配下にインストールするものとして説明します。他の場所にインストールする場合は適宜読み替えてください。 各ソフトウェアのインストール方法詳細および使用方法詳細は、各ソフトウェアのドキュメントやWebの情報を参照してください。ここでは、最低限必要な情報のみ説明します。

インストール

JREのインストール

java.sun.comのダウンロードサイト(http://java.sun.com/javase/downloads/index.jsp)より、”Java SE Development Kit(JDK)6”をダウンロードし、インストーラに従ってベースフォルダにインストールしてください。

インストール後は、JDKをインストールしたフォルダをJAVA_HOME環境変数に指定してください。

JREのインストール

Windows7の場合には、「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「詳細設定」タブ→「環境変数」の順に選択し、システム環境変数に環境変数JAVA_HOMEを設定します。以降インストール先フォルダを”< JAVA_HOME >”と表記します。

JREのインストール

C:¥Java¥jdk1.6.0

Apache HttpComponents Clientのインストール

The Apache Software FoundationのApache HttpComponents Clientダウンロードサイト(http://hc.apache.org/downloads.cgi)より、”HttpClient 4.0.x (GA)”をダウンロードしてください。ダウンロードしたzipファイルを、任意のフォルダに解凍してください。以降インストール先フォルダを”< HTTPCLIENT_HOME >”と表記します。

C:¥Java¥httpcomponents-client-4.0

Eclipseのインストール

eclipse.orgのダウンロードサイト(http://www.eclipse.org/downloads/)より、”Eclipse IDE for Java EE Developers”をダウンロードしてください。ダウンロードしたファイルを適当なフォルダに解凍してください。 必要があれば適宜日本語化してください。本書ではオープンソースのPleiades(http://mergedoc.sourceforge.jp/)により日本語化したもので説明します。以降インストール先フォルダを””と表記します。

C:¥Java¥eclipse

Eclipseへの設定

インストール済みのJREを設定する

インストールしたJDKをEclipseのデフォルトのランタイムに指定します。

  1. Eclipseを起動し、「ウィンドウ」-「設定…」から『設定』ダイアログを開き、左ペインのツリーから「Java」-「インストール済みのJRE」を選択します。
  2. 右ペインで「追加」ボタンを押し、『JREの追加』ダイアログを開き、標準VMを選択して「次へ」ボタンを押します。
  3. 「ディレクトリー」ボタンを押しフォルダ参照から”JREホーム”にのパスを選択し「完了」ボタンを押すとJREが追加されます。
  4. 追加されたJREをチェックし「OK」ボタンを押し『設定』ダイアログを閉じます。

PAGETOP