ロボットサービスの標準化を目指して

ロボットサービスの開発環境を整える(サーバ側)

統合開発環境は、Eclipse以外でも利用可能ですが、本サイトではEclipseのWTP機能を使用することを前提に説明します。 必要なソフトウェアを各ダウンロードサイトより入手し、開発用PCにインストールしてください。ここではインストール先のベースフォルダとして、すべて”c:\java”配下にインストールするものとして説明します。他の場所にインストールする場合は適宜読み替えてください。 各ソフトウェアのインストール方法詳細および使用方法詳細は、各ソフトウェアのドキュメントやWebの情報を参照してください。ここでは、最低限必要な情報のみ説明します。

インストール

JREのインストール

java.sun.comのダウンロードサイト(http://java.sun.com/javase/downloads/index.jsp)より、”Java SE Development Kit(JDK)6”をダウンロードし、インストーラに従ってベースフォルダにインストールしてください。Windows7の場合には、「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「詳細設定」タブ→「環境変数」の順に選択し、システム環境変数に環境変数JAVA_HOMEを設定します。以降インストール先フォルダを”< JAVA_HOME >”と表記します。

インストール後は、JDKをインストールしたフォルダをJAVA_HOME環境変数に指定してください。

C:\Java\jdk1.6.0

JREのインストール
JREのインストール

Apache Tomcatのインストール

The Apache Software FoundationのApache Tomcatダウンロードサイト(http://tomcat.apache.org/download-60.cgi)より、”Apache Tomcat”をダウンロードしてください。インストーラ版とzip版がありますが、開発環境なのでzipファイルからインストールすることをお勧めします。zipの場合は、そのままベースフォルダに解凍してください。

以降インストール先フォルダを”< TOMCAT_HOME >”と表記します。

C:\Java\apache-tomcat-6.0.18

Apache Axis2のインストール

The Apache Software FoundationのApache Axis2ダウンロードサイト(http://ws.apache.org/axis2/download.cgi)より、”Apache Axis2/Java”をダウンロードしてください。ダウンロードしたzipファイルを、そのままベースフォルダに解凍してください。

以降インストール先フォルダを”< AXIS2_HOME >”と表記します。

C:\Java\axis2-1.4.1

Eclipseのインストール

eclipse.orgのダウンロードサイト(http://www.eclipse.org/downloads/)より、”Eclipse IDE for Java EE Developers”をダウンロードしてください。ダウンロードしたファイルを適当なフォルダに解凍してください。 必要があれば適宜日本語化してください。本書ではオープンソースのPleiades(http://mergedoc.sourceforge.jp/)により日本語化したもので説明します。

以降インストール先フォルダを”< ECLIPSE_HOME >”と表記します。

C:\Java\eclipse

Eclipseへの設定

インストール済みのJREの設定

インストールしたJDKをEclipseのデフォルトのランタイムに指定します。

  1. Eclipseを起動し、「ウィンドウ」-「設定…」から『設定』ダイアログを開き、左ペインのツリーから「Java」-「インストール済みのJRE」を選択します。
  2. 右ペインで「追加」ボタンを押し、『JREの追加』ダイアログを開き、標準VMを選択して「次へ」ボタンを押します。
  3. 「ディレクトリー」ボタンを押しフォルダ参照から”JREホーム”に< JAVA_HOME >のパスを選択し「完了」ボタンを押すとJREが追加されます。
  4. 追加されたJREをチェックし「OK」ボタンを押し『設定』ダイアログを閉じます。

サーバ・ランタイム環境の設定

インストールしたApache Tomcatをサーバ・ランタイムに指定します。

  1. Eclipseを起動し、「ウィンドウ」-「設定…」から『設定』ダイアログを開き、左ペインのツリーから「サーバ」-「ランタイム環境」を選択します。
  2. 右ペインで「追加」ボタンを押し、『新規サーバ・ランタイム環境』ダイアログを開き、”ランタイム環境のタイプ”に”Apache Tomcat v6.0″を選択し「次へ」ボタンを押します。
  3. “Tomcatインストールディレクトリ”にのパスを指定し「完了」ボタンを押すとランタイム環境が追加されます。
  4. 「OK」ボタンを押し『設定』ダイアログを閉じます。

サーバプロジェクトの作成

Apache Tomcat実行用のサーバプロジェクトを作成します。

  1. Eclipseを起動し、「ファイル」-「新規」-「その他…」から『新規』ダイアログを開き、ウィザードのツリーから「サーバー」-「サーバー」を選択し、「次へ」を押します。
  2. サーバのタイプを選択のツリーから「Apache」-「Tomcat v6.0 サーバー」を選択します。サーバ名は任意で指定できますがここでは「ローカル・ホストのTomcat v6.0 サーバー」としておきます。サーバ・ランタイム環境で「Apache Tomcat v6.0」を選択し「完了」を押します。
  3. 『プロジェクト・エクスプローラー』ビューに「Servers」-「ローカル・ホストのTomcat v6.0 サーバー」が作成され、『サーバー』ビューに「ローカル・ホストのTomcat v6.0 サーバー」が追加されていることを確認します。
  4. 『サーバー』ビューで「ローカル・ホストのTomcat v6.0 サーバー」を選択、右クリックしてポップアップメニューを開き、「開始」を選択します。『コンソール』ビューにエラーログが出されずに、『サーバー』ビューで状態が始動済みになることを確認します。確認できたら、停止しておきます。

Axis2の設定

インストールしたApache Axis2をAxis2ランタイムに指定します。

  1. Eclipseを起動し、「ウィンドウ」-「設定…」から『設定』ダイアログを開き、左ペインのツリーから「Webサービス」-「Axis2設定」を選択します。
  2. 右ペインで「Axis2ランタイム」タブを選択し、”Axis2ランタイム・ロケーション”にのパスを指定します。他のタブはそのままにします。
  3. 「OK」ボタンを押し『設定』ダイアログを閉じます。

ユーザ・ライブラリーの設定

  1. Eclipseを起動し、「ウィンドウ」-「設定…」から『設定』ダイアログを開き、左ペインのツリーから「Java」-「ビルド・パス」-「ユーザー・ライブラリー」を選択します。
  2. 右ペインで「新規」ボタンを押し、『新規ユーザー・ライブラリー』ダイアログを開き、”ユーザー・ライブラリー名”に”AXIS2_LIB”と入力し「OK」ボタンを押します。
  3. “定義済みのユーザー・ライブラリー”にAXIS2_LIBが追加されるのでそれを選択状態にし、「JARの追加」ボタンを押し、『JARの選択ダイアログ』で< AXIS2_HOME >\libから以下のAxis2のコアjarファイル群を選択します。(\lib配下のjarファイルをすべて選択してもかまいません)
    • axiom-api-1.2.7.jar
    • axiom-dom-1.2.7.jar
    • axiom-impl-1.2.7.jar
    • axis2-kernel-1.4.1.jar
    • backport-util-concurrent-3.1.jar
    • commons-codec-1.3.jar
    • commons-httpclient-3.1.jar
    • commons-logging-1.1.1.jar
    • log4j-1.2.15.jar
    • mail-1.4.jar
    • neethi-2.0.4.jar
    • wsdl4j-1.6.2.jar
    • XmlSchema-1.4.2.jar
  4. 「OK」ボタンを押し『設定』ダイアログを閉じます。

PAGETOP